「これでいいのか、スクリーン印刷?!」 座談会に参加

スクリーン印刷業界の業界紙「月刊スクリーン印刷」
発行されている印刷紙業社主催の座談会に参加しました。

栄えある連載第一段として名古屋・岐阜地区を選んで頂き、
またこの場にとご推薦して頂いたこと光栄に思います。

テーマは「これでいいのか、スクリーン印刷?!」

スクリーン印刷は同業でも異業種交流と言われるほど
各社それぞれの事業内容が異なっています。

そのため何を話せばと気をもみましたが、
座長の東風谷さんの切り口が良く、
それぞれの立場からの声を拾うことが出来ました。

スクリーン印刷を取り巻く現状や市場
サプライヤーから見たこの業界について
参加企業の事業の中でのスクリーン印刷の立ち位置
また今後の方向性について
業界として立てるべきフラッグは?

いまだに頭の中がグチャグチャしています。

座談会の着地点の見えない中で、自社の話をすることには苦労しました。
しかし業界が抱える問題点など、理解を深めることが出来、大変勉強になりました。

業界を代表しているつもりはまったくありませんが、
今中心となって事業活動している私たち世代が中心となり
業界として「立てるべきフラッグ」は何かを考える行動はしてみたいと思いました。

業界の発展がなければ、自社の発展もないので、
こうして自分の立ち位置を知ることが出来、
また手を携えて頑張っていければと思います。

とても短い時間でしたが、実の多い座談会となりました。

未熟故に不遜な発言も合ったかもしれません。
それも参加者の皆さんが本音で話をされたからこそ。
私も今感じている思いを本音で話させて頂きました。

なので、紙面になるのはとても恥ずかしいです。
それでも発行される事を心待ちにしています。

野田哲也

コメントを残す