「ラベル新聞」に掲載されました。

ラベル業界唯一の専門紙「ラベル新聞」

10月1日号に掲載されました。

業界潮流リポート

「独自スタイルでビジネスチャンスを掴む」

というコーナーです。

見出しが端的にまとめられていていいですね!

「営業目線で”使い勝手のいい”提案を」

ですって。


私たちは、お客様である印刷会社の営業担当者の気持ちに寄り添い、

スタッフ全員が一丸となってバックアップする事を大切にしています。

企業理念にも「まずはお客様の立場で」としっかり明記しています。

黒子としてバックアップし、印刷業界を下支えしたいと思っています。

取材中、さまざまな活動内容をお話させていただきましたが、

その中でも、特にお客様とのコミュニケーションツールとして活用している

弊社のサンプル帳「ステッカー&スクリーン印刷 丸分かりBOOK」

が良かったようですね。

コレ、修行先から戻ってすぐに作ったので、

既に10年以上の取組みになっています。

こちらは、改訂作業についての半年前のブログです。

http://taibi.jugem.jp/?eid=192

一般的には、受け取った資料は、その時点から、古いものとなり、

いつのものか分からなくなる。そして、そんな資料は処分されます。

この丸分かりBOOKは、改訂の度に回収させて頂き、

資料やサンプルを詰め直し、改めてお客様の手元で預かって頂きます。

実に面倒なやり取りをしていますが、常に生きた資料として認識出来、

改訂のやり取りの時には、より良い関係が築くための情報交換も出来る。

暫くは、この手間のかかるやり方を続けてみたいと考えています。

あとは、取材中にこれまでの取組みや今後の展望、新しい取組み、

途中に工場見学をして頂きながら、お話したことがいっぱい有りました。

それらが文字に起こされ、丁寧に記事にされていました♪♪

スクリーン印刷工場の見学のことや、必勝だるま色紙などの

オリジナル企画商品のこととか。。。

↑完全に浮かれています(*´∀`)

記事のとなりには、弊社の近くで超特急対応の訂正シール製作で

頑張っていらっしゃる株式会社大幸の大森専務の記事も有ります。

合わせてご覧くださいね♪♪

ラベル業界の方、ぜひご一読頂ければ幸いです。

業界じゃないよって方、こういう専門紙もありますよっ(^o^)

毎月2回、定期発行されています。
興味持ってしまったあなた、定期購読をしてみてはいかがですか?

https://www.facebook.com/labelshimbun/

http://www.labelshimbun.com/ (←こちら暫くサーバー障害が続いているようです。。。)

ご掲載ありがとうございましたm(_ _)m

野田哲也

コメントを残す