「自己理解」の大切さを学ぶ 二条彪氏の講演

名古屋而立会の9月例会に参加しました。
株式会社国際後継者フォーラムの代表取締役二条彪様を講師に迎え、
「リーダー力を磨く ~己をさらけ、心を掴む~ 」をテーマにご講演賜りました。

過去二条氏が、父から引き継いだアパレル会社の社長時代の経営スタイルや、その経緯、その後の会社精算に至るまでの
過去をさらけ出し話されることから始まった今回の例会。
リーダー力を磨くために、己をさらけ、心を掴むとは。
経営を担うものとして、避けては通れない問題。
それは、人と人とのコミュニケーションを円滑にし、会社経営をどのような姿勢で行うか。
その点を「自己理解」というキーワードを中心に、ワークを交えながら大切なことを伝えて頂きました。
1時間半という短い時間で、とても濃厚な内容を急ぎ足で伝えて頂きましたが、
今年の初めに学んだ心理学ともリンクする内容も多く、「自己理解」の大切さへの思いが深まりました。
すぐ実践出来ることも多かったので、以下実行したいことを数点書き残したいと思います。
・人の心を察することの大切さ。そのためには想像力が必要。
その補完の為に、ビジネス書だけでなく小説も読む
・他人から褒められたら、謙虚にならず必ず「ありがとう」で返事をする。
相手には「NO!」を言う権利があると思って話す。
・「今言うべきタイミングか?」をまず自分に問いかける。
・「全てはお客様に還元する」お客様のためになるかどうかが全ての判断基準とする。
利益や経費はお客様から預かっているもの。
・セミナー受講ノートを1冊用意する。
せっかく毎月の学びの場があるので、その度に振り返ることが出来ますからね!
この他にも、数多くの事を伝えて頂きました。
「自己理解」を深め「他者理解」に繋げ、「相互理解」を深めるよう
一つ一つ自分のものにし、より一層精進したいと思います。
野田哲也

コメントを残す