『情熱で書いて、冷静で直す』 代表あいさつの更新

弊社サイトの代表あいさつ文を更新しました。
先月の而立会例会で学んだ文章力講座の内容を駆使してみました。
さて、今日のブログのタイトル『情熱で書いて、冷静で直す』
先日の講義の中で一番響いたフレーズでした。
また
直すときには、1/3から半分くらいは削除して良いとも言われました。
でもせっかく情熱で書いた文章なので、ココに残しておきます。(だってもったいないしさっ
UPされた内容と見比べるとかなり削除されていることが判るかと思います。
----- ↓↓↓ 修正前の情熱文章  ↓↓↓ -----

 弊社は、ものづくり(製造業)のメッカである愛知県、中でもとりわけ印刷関連産業が
集まる名古屋市西区に工場がございます。

昭和52年スクリーン印刷業として私の父が創業し、今日まで続けさせて頂く事が出来ました。
そして平成27年末に代表を交代するに至りました。 これもひとえに皆様のお力添えの
お蔭だと感謝致しております。

 現在は、長年の経験と蓄積された技術によって、スクリーン印刷で業務用のステッカー・
ラベル・マグネットシートの製作をメインに各種印刷物の製作しております。

これらの製品は、屋外で使われるもの、長期間使われるもの、といった耐久性に優れた
特徴を持っております。

そのため外出先では、私達が印刷加工したものに出会える機会にもめぐまれます。
これは私達にとって、とても嬉しく誇らしいことです。
私がまだ小さかった頃は、指差しながら連れ立った友達に言いふらしていたほどです。

 また、シルクスクリーン印刷は『どんな素材やモノにも印刷出来る』とも言われております。
多少大げさな表現ではありますが、そんなスクリーン印刷の技術を用い色々なものに
印刷もしております。

 機械での印刷だけではなく、職人の手による手刷り印刷(ハンドプリント)などを駆使し、
様々な商品に名入れ印刷を施したりしております。

 さらに新しいことに挑戦し続ける会社で有りたいとの思いで、日々奮闘を重ねています。
この辺りのことは、当サイトやブログや各種SNSなどで随時更新配信しておりますので、
ぜひご覧ください。

 弊社のお客様は主に印刷業界の方々です。俗に仲間仕事とも言われる環境で仕事をさせて
頂いております。

そのため常にお客様の先のことまで見据えたご対応を心掛けるようにしております。
私たちは、お客様と同じ立場と目線で、同じ方向を向いたお仕事をしたいと思っています。

 そこで、当サイトも営業支援ツールの一つとして役に立つものとなるようにしたいと
考えています。皆様と私共とのよき架け橋になればとの思いで更新を続けていきます。

このサイトが手始めとなり、工場見学や勉強会などお互いの知識向上に役立つことを
ご提供させて頂けるような会社にしていきたいと考えております。

 弊社工場は、あなたのための工場でありたいとの思いを胸に操業しております。
ここが自社工場だと思って使って頂ける様な環境(日程・コスト・なにより安心)を目指し、
日々努力致しております。

その為にも、問題や不都合は是非ご指摘下さいますようお願い致します。
また、喜びは分かち合わせてください。私ども社員一同の良き励みとなります。
よきパートナーとしてお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

これからも、気軽に遊びに来て頂けるような会社でありたいと思っております。
是非、足をお運びください。社員一同、笑顔でお待ちしております。

今後ともより一層のご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。
----- ↑↑↑ 修正前の情熱文章  ↑↑↑ -----
私は文章を削った分だけスッキリとして読みやすくなったと感じました。
サイトにUPした冷静文章と見比べ、いかが感じられますでしょうか?

感想をお聞かせください。
修正後の冷静文章はこちらから
↓↓↓

http://www.taibi.co.jp/tel/index.html

だから、読み手に伝わらない! (もう失敗しない文章コミュニケーションの技術)
書かずに文章がうまくなるトレーニング
野田哲也

コメントを残す