オンデマンドプリンターを導入しました。

事務所で利用してるプリンター複合機の入れ替えを検討していましたが、

少し視野を広げて、オンデマンドプリンターを導入することにしました。

様々な方面から検討を進めていく内に、単純な入れ替えではなく、

運用コストが下がり、生産機械としての活用も視野に入れられる

オンデマンドプリンターにグレードアップさせる事に決断しました。

搬入時の光景です。

プリンターという名前は付いていますが、 これは事務機器ではなく印刷機械です。

印刷機械だからか、メーカー様の対応も格段に向上するようです。

ユニック車を使って2階から搬入される作業とはいえ、これだけの人員が投入された

搬入作業は過去に覚えがありません。10人は超えていましたね(;´∀`)
と、その前に事前準備も。

今までの複合機よりも、横幅も奥行きも大きくなる為、事務所も若干の改装作業。

狭い場所に収めるために、内開きだった扉を外開きにして設置場所を なんとか確保(^_^;)

入れ替え作業中の光景です。今までお世話になりました^^

導入されたオンデマンドプリンター。

メーカーは今まで通りなので、使い倒していた複合機の機能や設定はそのままで

新しいオンデマンドプリンターに、スムーズな移行作業が出来ました。

導入機種は、写真の通り RICOH Pro C5100S です。

早速、メーカーテスト済みの推奨用紙リストを手に入れました。

コピー用紙だけでなく、厚紙や封筒、タック紙にも印刷出来ます。

私たちの仕事内容からすると、糊の付いたタック紙の項目が気になるところです。

弊社に導入済みのインクジェットプリンターは、主に屋外用途向けのステッカーを作ります。

新しく導入されたオンデマンドプリンターでは、屋内用途向けの小ロットシールの作成にも

活用できそうです。私たちらしく一手間かけた商品作りに活用できたらいいと思っています。

楽しみな印刷機械が入りましたので、今後の発表に期待していてくださいね。

野田哲也

コメントを残す