スクリーン印刷の技術的諸問題の解決方法を学ぶ

スクリーン印刷機メーカー、セリアコーポレーション様の工場で開催された

内覧会「2018 EXPO SERIA」に若手印刷オペレーターと行ってきました。

まずは、セミナーの聴講から。

株式会社セリアコーポレーションのスタッフ3名の方から

「印刷課題に対してSERIA装置機構および製版/資材による解決提案」

をテーマにご講演を賜りました。

営業の小林氏からは、印刷技術の条件管理と最適化についての基本を学び、

スクリーン印刷技術の今後の展望をお話し頂きました。

設計の直井氏からは、印刷を行う上で起こり得るニジミや精度などの諸問題を

印刷機械のオプション装置で解決する方法を紹介して頂きました。

製版の前川氏からは、スクリーン印刷製版の基本的役割から、最新事情までを

わかりやすく伝えて頂きました。

スクリーン印刷の基本的なプロセスは、昔から変わっていませんが、

その周辺技術は格段に進歩しているという事をしっかりと理解出来ました。

セミナーの後は、内覧会の会場見学。

今回は、セミナーで製版のイロハから聴いていたこともあり、機械よりも製版に

より時間をかけて見ていた気がします。

スクリーン印刷の最新機械や最新資材の情報収集のために訪問しましたが、

大満足の内覧会訪問となりました。

野田哲也

コメントを残す