デザインのオリジナリティについて学ぶ ~オリンピックエンブレム問題~

かちがわ大学に参加してきました。
私、いつ以来の参加でしたかね?
とても久しぶりの参加となりました。
世間を騒がしたオリンピックエンブレム問題であり、
印刷業界に身を置く上で知っておくべきデザインのオリジナリティの事、
そして、面白い企画展がよく開催される清須市はるひ美術館館長の講演。
という事で、私のアンテナに引っかかり、
今日はどうしても聴いてみたい講演会でした。
気になる内容ですが、テーマは、
『東京オリンピック2020エンブレムの真相』
~デザインのオリジナリティとは何か?~

清須市はるひ美術館館長の高北幸矢氏の講演でした。
まずはデザインの本質とは何かという概念や、
エンブレムとはどのようなものかという考え方を
レクチャーして頂きました。
そして、本題のオリンピックエンブレム問題。
決定後にパクリ疑惑で問題になり、その後撤回されて、
再選考に至った経緯と問題点について分かりやすく解説して頂きました。
【旧】


【新】

改めて載せることもないですね。よく目にしました。
オリンピックエンブレムの問題点を4点ほど、
そして、類似点の問題も4点ほど提示されました。
そして、著作権や商標権についてのレクチャーと
商標権ビジネスについて基本的なことを教えて頂きました。
新オリンピックエンブレムの決定から発表に際しての一連の流れ。
大一番でのプレゼンテーションの大切さを学びました。
ごくごく最近のことで大きな話題になりましたし、
私もデザインにも関わる印刷業界に身を置いています。
動向は 注目して見ていました。
が、こうしてまとめて詳しく教えて頂くことで何が問題で、
どのような事で世間の反感を買ったのかがよくわかりました。
参加して良かったです^^
内容が知りたい方には、お会いした時にでもお伝えしますよ。

懐かしいですね~。地デジカ。今日久しぶりにみました(^o^)
野田哲也

コメントを残す