トヨタプロボノ研修を受け入れて 中日新聞に掲載されました。

1月29日付の中日新聞朝刊11面に、弊社の取り組みが掲載されました。

 

昨年秋からトヨタ自動車様のプロボノ研修の

受け入れ先企業として選んで頂き

弊社の課題について一緒に活動を行いました。

 

その3ヶ月間の活動についてを

トヨタ自動車の社員目線から取り上げて頂きました。

 

 

何もなければ金曜日に掲載の予定と話を伺っておりましたので

流石にいつもより早起きし、朝刊を読ませて頂きました。

 

今回のプロジェクトは

Amazonや楽天市場などのネット販売サイトでの販路開拓です。

 

印刷業界の黒子企業が、エンドユーザーに直接ものを販売する

BtoCを事業化したい。まさに、『ゼロからの立ち上げを一緒に

作り上げていきましょう』というものでした。

 

10月はリアルに顔合わせが出来ましたので、弊社の置かれている立場など

現場体験など交えながら、ざっくばらんに話をさせて頂きました。

今考えると実にワイワイとのんびり意見交換していました。

お互いこのような体験が初めてということも有り

大丈夫かな?こんなもんかな?と感じていたような気が。。。

 

でも、その時間が有ったから、11月上旬に行われた中間報告会を経てからの

2ヵ月間の活動は、まさに飛ぶようなスピードで進んでいきました。

 

町工場の私たちにとって、体験したことのないスピード感です。

本当に多くのことに挑戦してもらいました。

 

結局、何かを始めるにも立ち上げが一番大変ですよね。

試してみたいという思いが有っても、手が回らずに中々チャレンジ出来ない。

 

それらを中心に、彼らの力を借り、様々な試したかった事に取り組みました。

私たちにとって、事業化に向けて大きな推進力となりました。

本当に大きな力だったと思います。

 

ぜんぜん無力では無かったです^^

 

私もこのプロジェクトを通じて、本当に多くを学び、また刺激を受けた日々でした。

 

またまた多くの方々に協力をして頂くこととなりました。

結果を出して責任を果たしていかなければなりませんね。

 

 

「必勝だるま色紙」の取り組みについて

http://taibi.jugem.jp/?eid=424

 

 

↓↓掲載記事はリンク先へ↓↓

https://www.chunichi.co.jp/article/193093

中日新聞

長期連載企画「トヨタウォーズ」

第7部〈上〉(4)必勝だるま色紙

「圧倒的無力感」を糧に

 

野田哲也

 

 

 

 

------------------------------  

 

 ↑↑↑ お問い合わせはこちらまで ↑↑↑

 

 ↑↑↑ 太美工芸株式会社 コーポレートサイト ↑↑↑

 

 

ステッカーとシールの違い、ご存じですか?

私たちはシルクスクリーン印刷で、ステッカー印刷をしています。        
------------------------------ 

コメントを残す