ネット書店が当たり前だからこそ ひらく本屋東文堂本店

岐阜県多治見市の多治見駅前ビルのテナントとして入っている本屋さん東文堂書店

ビルの建て替えに伴い、街の商店街に新しくお店を構えるということで、
飲み友達(と言ったら怒られますかね?)へのお祝いも兼ね、プレオープンの内覧会に行ってきました。
商店街はよくある地方都市の寂れた感じ、でも少しづつ新しいお店も増えつつあり、
活気が戻っていると感じるとこもあるという状況。
そのような状況なので、今後が楽しみな商店街ではありますが、
その中心にあるビルをリノベーションさせてオープンさせるとのこと。
それがこちら
カフェ併設でゆったりした空間でゆっくり本を選ぶことが出来ます。
また、棚ごとにテーマが決められていて、その選書も市民の方に決めてもらったとか。
そのため、普通の本屋や図書館と異なり、ぜんぜん整理されていない。
どの本があるのか、手にとってみないとわからない。
しかも店内は、ゆったりと寛いでもらえるような環境となっていました。
ネット書店が当たり前となり、家にいても本は届く、あるいは電子書籍に配信される。
そんな時代だからこそ、知らない本に出会う本屋さんがあってもいいですね。
わざわざ足を伸ばして訪問してみたくなる。そんな場所。

野田哲也

コメントを残す