バック・トゥ・ザ・フューチャー

2015年10月21日午後4時29分
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2」で
デロリアンと共に、マーティーとドクが過去から到着した日時。
先日、S-CUBE(スクリーン印刷青年会)の研修旅行のバス車内で
気の利いた事務局長さんが持参したDVDでこの作品を久しぶりに観ました。
もう公開から30年も経つんですね。
当時はまだまだとっても先というイメージであり、またバブルな時代でもあり、
未来感に溢れた世界をとてもワクワクした気分で観ていました。
こうして実際に30年後の世界にたどり着いて感じるのは
技術の進歩は目覚ましく、様々なことが便利になった事。
逆に人の能力は30年やそこらでは向上する訳がないという事。
能力をサポートする技術が確立されてこそ、あの空飛ぶ車なんだろうな。
車で言えば、アクセルとブレーキの踏み間違いやら、高速道路逆走問題とかね。
今盛んに研究されている、自動運転や追突サポートなど。
これらの技術は今後ますます磨きがかかっていくんでしょうね。
劇中に有る、旧型車を改造して空飛ぶ車にする会社などは、これら技術が確立されれば、
すぐにでも事業化するだろうと思えるほど、リアリティを感じますね。
技術の進歩と人間の能力を超えた部分をサポートする技術。
これらのバランスが取れたものから世に浸透していくんですね。
次に当たり前になっているものは何でしょうか。
未来を考えることは、いつの時代でもやっぱりワクワクしますね。

気になる作品はこちら
「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2」

野田哲也

コメントを残す