ミスに対する考え方と予防する仕組みを学ぶ

担当例会として、参画した名古屋而立会の2月例会に参加しました。

コンサルソーシング株式会社の代表取締役松井順一様を講師にお迎えし、

顧客満足を高める 〜ミスを減らす組織作り〜  をテーマにご講演賜りました。

近年、たったひとつのミスで、企業の存続に繋がる事例が増加しています。

また、もしミスがゼロであれば、顧客満足はとても高いものであるはずです。

でも、どれだけ注意してもミスは残念ながら、必ず起こっています。

そんなミスを少しでも減らすことが出来ないか、

そのような思いで松井先生にご講演を依頼しました。

講演を聞き『ミスに対する見方を変える』という点が、

私にとって一番の学びでした。
まず、ミスを隠蔽する組織文化を変えることが大切。
その上で、ルールは守らせるより、ルールを作らせるようにする。
対策はスピードダウンが伴うが、社員の訓練や癖付けだと考えること。
またそれ以外にも、トヨタ生産方式における自働化については

ハッと気付かされました。
「ミスが起こったときにキチンと止めること」
自社でも気がついた時にキチンと止められれば、
被害が大きくならなかったのにという事がよくあります。
『気がついた時にキチンと止める』

そのためのルール作りをスタッフと共に考えていきたいです。
経営者として、ミスをどのように受け止め、対策を取るのか。
仕掛けや改善手法については、さまざまな手法を教えて頂きましたが、
まず出来ることから着手してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講師の松井順一様の著書

『仕事の「ミス」をなくす99のしかけ』

こちらの著書で講師の松井先生を知りました。

99のしかけの内、出来ることから取り入れて見たいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真は休憩時間中のスクリーン

「コーヒーの写真と休憩の文字」が入っています。

これも休憩時間の確保とタイミングを忘れないようにするための

しかけとのことでした。流石ですね。

野田哲也

コメントを残す