一流選手が実践した、指導方法について学ぶ 山崎武司氏の講演

中日信用金庫様の中信青年経営者会に参加しました。

講演会には、中日ドラゴンズなどで活躍された元プロ野球の山崎武司氏を講師にお迎えし、

「3度のクビから現役27年~選手を活かすリーダーシップとは~」をテーマにご講演賜りました。

プロ野球選手は、10年も在籍できれば一流選手とも言われる中、

27年もの長い間、現役選手として活躍された経験を話して頂きました。

下積み時代は走り込みなど相当な練習を積んできたのでしょう。

天性の野球センスだけでは、生き残り続けることは出来なかったはずです。

星野仙一監督や野村克也監督の指導方法の違いや

格言「名選手名監督にあらず」の実名を上げての体験談など
プロ野球ファンとしても面白い話も聴くことが出来ました。

様々な監督やコーチとの出会いの中で、

その都度、その助言を受け入れてきたんでしょう。

根はとても素直な人なんだろうなって感じました。

プロ野球選手だからと1→10の内、6→10の教え方をする人がいる。
キチンと1→5を飛ばさず基礎から教える、当たり前をキチンと伝えることが
大切だと話されていました。
私も特に最近はよくそのように感じています。
それぞれ前提条件が違うのだから、知っていて当たり前は存在しないし、
チーム一丸を目指すなら、その基礎から伝えていかなければと考えています。

ユニホームをまた着たいと話されていました。

27年の現役生活の中で、様々なタイプの監督やコーチの指導を受けた経験を生かし
指導者としての山崎武司さんを見てみたい。今日はこんなことを思いました。

いずれまた、ドラゴンズブルーのユニホームに袖を通して欲しいですね。

野田哲也

コメントを残す