信頼しても、信用しない。 柳本晶一氏の講演

名古屋銀行様が主催されている、経営者クラブの定期総会に参加しました。

その後の講演会では、元バレーボール全日本女子代表監督の柳本晶一氏を講師に迎え、

「力を引き出す どん底から個人と組織を甦らせる」をテーマにご講演頂きました。

柳本氏については、現役時代の活躍を知らないので、全日本女子代表監督のイメージしか無い。

しかも、強くて人気のあるチームを引率している凄腕監督の印象が強い。

その為、トップリーグから地域リーグへの監督転身の時の、その境遇の違いから、

大変な苦労をされていた時期があったという事には驚きました。

講演は、全日本で活躍した選手の名前も多様され、軽快でユーモアにも溢れるので、

話に引き込まれ、あっという間に感じました。

テーマや参加者層から、リーダーとしてのチームの束ね方という内容でしたが、

私は、自分自身の気持ちの持ちように意識が向きました。

100を120にすることは出来るが、150にすることは難しい。

その差の30は人間力で埋める。

目標を持つと、失敗する、挫折する、心に傷を持つ。

踏みきり乗り越えると、それが経験に変わる。

目の前の巨大な壁も、ドアに変わる時が来る。

「負け勝ち」という言葉を大切にされているとのことでしたが、

挫折しないと人は成長しないということなのでしょう。

更にチーム運営面では、次の言葉が印象的でした。

メモを取る、積み重ねがデータとなり、情報となる。

教えられた術は忘れる。盗んだ術は忘れない。

人を育てる時に意識して注意することの順番。(あるいは子供を育てる時)

手を離しても、目を離さない。

目を離しても、心を離さない。

信頼しても、信用しない。

信用しないとはきつい言葉だと感じましたが、

「責任は自分で取る」を実践したからこその重い言葉だと感じました。

人を育てることについて、改めて深く意識することが出来ました。

野田哲也

コメントを残す