印刷業界における第四次産業革命を学ぶ

所属する名古屋而立会は、愛知県下の印刷関連業者の若手経営者の団体。

石川県の同様の団体、金沢青年印刷人クラブ様の例会に参加しました。

「方向性」をテーマに、ハイデルベルグジャパン株式会社金沢営業所長の花田修様、

株式会社ミマキエンジニアリング金沢営業所長の太田光祐様の2名にご講演賜りました。

花田様からは「印刷業界における第四次産業革命」をテーマに印刷業界の過去から

現在に至るまでと、今後の予測と手を打つポイントを学びました。

やはり、働き方改革と一人あたりの生産性向上は急務だと感じた。

太田様からは「多様化するユーザーニーズと進化するデジタル生産」をテーマに

インクジェットプリントと印刷業界の今後について学びました。

IT技術の更なる発展を見据え、強みをどのように組み合わせるかを問い、行動し続けたいと感じた。

ミマキエンジニアリング社の「常にイノベーターであり続ける」の言葉で締められた講演でしたが、

とても勇気をもらえる内容でした。

太田所長とは、名古屋営業所時代にはお世話になっておりました。

再会出来、お互い頑張っている姿を確認しあえて嬉しかったですね(^o^)

金沢青年印刷人クラブの皆さま、大変お世話になりました。

ありがとうございました!

野田哲也

コメントを残す