展示会で気づくこと

しんきんビジネスフェアの見学に行ってきました。
会いたかった方にも会え、会場の雰囲気も感じられて良かった。
早い時間帯での訪問だったからか、少し来場者は少なかったかな?
出展された方に聞くと、午後からの方が出足が良かったとのことなので、こんなもんかもしれない。
一時期ごそっと増えていた、工業部品や工作機械系の出展者の勢いは感じられなかった。
実際にそのエリアでの来場者も少なく感じました。
やはり製造現場での景気は上昇傾向なんでしょうね。
さて、この展示会の良さはさまざまな業種の方が集まっているのがいいと思う。
(出展者様は信用金庫さんのお墨付きという一面もありますし)
今回は見せ方や伝え方に学ぶところが多いと感じた展示会でした。
業界向けの展示会では無い、特に様々な方な立場な方が集まる展示会ということもあり、
より柔らかく、よりわかりやすく、誰もがわかりやすい、というブースや資料に目がいきました。
実際、そのようなブースには人も多く集まっていました(^o^)
今、弊社でも来て頂いた方に工場を見学して頂く事があります。
その際に説明だけでは十分に伝わらないということを感じることがあります。
このような目線で見ていただけに参考になる事も多かった展示会でした。
野田哲也

コメントを残す