決算書の成り立ちやその分析手法を学ぶ

名古屋而立会の7月例会に参加しました。

株式会社 MIDストラクチャーズの恒川 裕樹氏と浅野 充昌氏を講師にお迎えし、

「経営数字の構造を知る」をテーマにご講演賜りました。

まず前半では、普段の会社の取引を個人のお金の動きに置き換えて説明して頂き、

決算書の数字の元となる、仕分けの仕組みを理解することが出来ました。

また後半では、決算書に構成された数字を元に、数字を組み合わせて数値を導き、

分析することで意味を持つことを学びました。

普段より経営数字には責任を持って関わっているため、
前半後半のどちらも重要なことだということも理解しています。

そのため、内容を追うことは出来ましたが、 内容が短時間で習うには

とても豊富すぎ、とにかくついていくことがやっとでした。

今回は確かに講義のスピードは早かったですが、 成り立ちや仕組みということを

端折ったり、ぶつ切りにせず、全てを網羅されました。

そのため、経営数字を理解し駆使することで、様々な問題が見える事が改めて分かりました。

ワークで行った、ひとつひとつの分析項目については、自社の数字で改めて詰めてみます。

また、架空企業の決算書を比較するワークで、内容から業態を想像したことは新鮮でした。

決算書をみるだけでも、様々なことが想像できて面白いと感じました。

意外と数字だけ眺めてみても、事業内容が想像出来たりするものですね。

また、自社分析だけでは見えないことが、他社と比較することで見えることもあります。

という訳で、他社の決算書にも興味が沸いてきました^^

野田哲也

コメントを残す