照れと遠慮は捨てる。 日下慶太氏の講演

名古屋而立会の11月例会(愛知県印刷工業組合共催)に参加しました。
株式会社電通のコピーライター日下慶太様を講師にお迎えし、
『みんなを巻き込み仕事を生み出す、プロジェクトリーダー論』
~アホがつくる町と広告~をテーマにご講演賜りました。


商店街ポスター展の仕掛人で企画運営をされた方。
というよりも、ネットで話題となった数々のポスター自体を見て頂くほうが分かるかもしれない。


商店街ポスター展のまとめサイトはいろいろありますので、検索してみてください。
参考までにひとつだけ貼っておきます。
http://creive.me/archives/5339/
ポスター展をの経緯を中心にこのムーブメントがどのような経緯をたどってきたのか、
その裏でどのような試行錯誤を繰り返したのか、そして今振り返ってみて、何を得たのか。
とてもわかりやすくまた飽きない手段と話で私たちに伝えて頂きました。
内容はとても共感出来ることばかりでもあり、とても参考になった。
最後に話をされた「リーダーシップ論」はこれからの私にとってとてもタイムリーな内容でした。
特に、①メリットを与えよう、④アホになれ(照れと遠慮を捨てる)は心に刻んでおきたいです。
また、今回の講演は印刷関連業界の集まりのため、この印刷業界に向けたアドバイスを送って頂きました。
おもしろい+社会にいい+自分しか出来ない(自分にいい)
とてもわかり易い公式です。この点については模索はまだまだ続きそうです。
聴いてみて、とても参考になり、共感できることが多くありました。
また、プレゼンテーションの方法についても、進行や資料を含めとても勉強になりました。
今回はスタッフも同席で講演を拝聴しました。
参加したスタッフと共に更に精進していきたいと思います。
ありがとうございました。
野田哲也

コメントを残す