特徴を整理し「ひきだし」に収める

ウィルカレッジに参加してきました。

そこは名古屋近郊の印刷関連会社の方々が中心となり、
毎月1回の頻度で開催され、参加者は自由に意見交換が出来る場です。
それぞれ特徴のある会社の方々が集まるこのウィルカレッジ。
多くの会社が集まるということは、当然それだけ特徴のある事業をされている方が多い訳ですが、
特徴があってもうまくPR出来なければ、傍から見ればそれはごちゃごちゃして、違いも分からないでしょう。
ひとつひとつの特徴をきちんとひきだしの中に整理し、
タンスに納めて整頓してみようというのが今回の企画のイメージ。
気の遠くなるような感じもしますが、
素晴らしいメンバーに刺激されていいものが出来るんじゃないかと思っています。
ここ数回のウィルカレッジはこの特徴をPRしていくため、
ツールをどのように作成するかについて意見交換を行っておりました。
今回方向性もまとまり、少しずつ動いていくことになりました。
今後の展開が楽しみになってきましたよ。
野田哲也

コメントを残す