経営者としての資質と心構えを学ぶ

S-CUBE(スクリーン印刷青年会)の6月例会に参加しました。

今回は東京の新橋で開催。

みやぎ産業振興機構のシニアアドバイザー白幡洋一様に

「次世代を担う皆様へ 人生の先輩からの”三話題”」

~今、改めて考える経営者としての資質と心構え~

をテーマにご講演賜りました。

東北リコー、ベガルタ仙台などさまざまな企業の社長を歴任された

白幡様に経営者としての資質と心構えを伝えて頂きました。

とても豊富なエッセンスの中から、特に心に残った点として

孔子の言葉より、四十にして惑わず(四十不惑)の本当の意味

「自分が囚われている観念を捨てよ、それが四十歳の時の課題である」

まさにいまその歳頃であり、囚われている観念から一度離れ客観視する

事を心に刻みたいと思いました。

また、他人の長所と短所において、

短所とはその人が持つ個性(特長)であり、その特長を活かすことを考える。

あるいは、部下の成長のを作ること。

年長者に対し、第一声で「ありがとう」を言うこと。

いろいろと響く言葉が数多く有りましたが、すぐに行動に移せることを

備忘録代わりに列記しておきます。

宮城へとんぼ返りとなりましたが、短くも濃密な時間でした。

お忙しいところ、ありがとうございました。

野田哲也

コメントを残す