身だしなみとビジネスマナーについて学ぶ

四葉会という、愛知県下の紙を扱う業界団体の交流事業に参加しました。

私が所属する名古屋而立会は印刷関連業。

その他、同様に後継者や次期経営者層の所属する団体として、

紙商社業の団体である、名古屋青紙会。

紙器・ダンボール製造業の団体である、志高会。

文具業界の団体である、ドロフィンクラブ。

これら4つの紙関連の業界団体では、会員間の交流を深めるために

1年に1度持ち回りで例会を開催しています。

今年のセミナーは、「ステキな男の身だしなみ」をテーマに

ビューティーアドバイザーの田口祐子様に身だしなみについて、

トータルマナー講師の伊藤祥子様にビジネスマナーについての

ご講演を賜りました。

普段から仲が良いとお話されるままに、お二人の自由なペースでのセミナーは新鮮でした。

のっけから掛け合い漫才のような、テンポとノリの良さでセミナーは進みましたが、

そのノリにどんどん四葉会メンバーも引き込まれ、質疑も多く出る楽しい時間でした。

普段受講するような堅めのセミナーとの違いに戸惑いを感じつつも、

疑問に思うことは直ぐに聞ける雰囲気でしたので、私も普段疑問に思っていても

聞けないようなことも、質問させて頂きました。

見た目やマナーは、「相手が不快に感じなければ良い」と感じていましたが、

やはり、「一般常識として知っていることは大切なこと」だと思いました。

そして、それをきちんと実践することも。

短時間のセミナーだけでは十分に学べた訳ではありませんが、

より意識した行動をとりたいと思いました。

野田哲也

コメントを残す