OJTだけでは正確に伝わっていない 機械の入れ替えで感じたこと

長年使っていた断裁機が不調となり、交換部品の調達も難しくなってきた為
断裁機を最新機種に入れ替えることにしました。
搬入設置後に、改めてスタッフ全員で使用方法のレクチャーを受けました。
初歩的なことから丁寧に教えて頂き、旧機種にもあった機能が発覚したり、
新しい使い方を教えて頂いたりと、なかなか有意義な講習会となりました。
特に作業手順について、弊社では基本手順と異なっているところがありました。
これは、旧機種の欠損箇所を補う為に、あえて変更されていた手順でした。
しかし、その理由を理解させること無く、変更後の作業手順だけが教えられ、
なぜその作業手順なのか、なぜ基本手順の方が良いのか、理解出来ずにいました。
今回改めて、スタッフ全員で認識する事が出来ました。
この事は一つのことですが、スタッフそれぞれに感じ取るところが有ったと思います。
私も職人の癖というか、長年の垢というか、
OJTだけでは正確に伝わっていない事があると実感しました。
見て覚えろだけでは繋がらない、職人の技や知識、会社としての知の集積を
次の世代に繋げる為の場をこれからも作っていきたいですね。

野田哲也

コメントを残す