スクリーン印刷工場へ団体見学を受入れた顛末記

とある業界経営者の団体様より、名古屋でセミナーを開催する日に合わせ、
工場見学をしたいので、受け入れて頂けないかという打診がありました。
今までも、弊社のお取引企業の皆さまには、
ご都合に合わせて、数人程度の工場内の見学は受け入れております。
が、今回はいつもより大人数で訪問される予定とのこと(;´∀`)
懇意にして頂いている幹事様からの依頼じゃなければ、、、、
断っていたと思いますw
スタッフの3倍近い人数で訪問される予定とか。。。
狭い工場(こうば)に入れるかどうかも心配でw
(人口1,000人の村に突如4,000人の人出で溢れかえるような感じ??)
とはいえ、幹事様も弊社の状況は判っていらっしゃるので、
進行方法についてや、要望、こちらの提供内容などとを詰めながら、
準備を進めさせて頂きました(^o^)

全体へのご挨拶は屋外の駐車場にて対応させて頂きました。
(雨に降られなくて良かったですw)
その後、2班に分かれて、2階の製版&デジタルプリント現場と、
1階の印刷&加工現場の見学をして頂きました。

【2階の製版&デジタル印刷現場の見学】

【1階の印刷現場の見学】

【1階の加工現場の見学】
今回は、さすがにいつものように私が説明して回るというだけでは手が足りません。
1つの班は工場長に説明を任せ、また各工程はそれぞれスタッフに機械のオペレーションと
個別の解説をお願いしました。
これはスタッフ一同、初めての体験でした。
私からの贔屓目に見ても、それぞれの個性を活かして上手に対応してくれていました。

【手刷り印刷の体験】

【機械刷り印刷の体験】

【印刷サンプルと製作工程の展示】
残り時間は、見学の皆さまにスクリーン印刷体験をして頂きながら、
スタッフとの雑談交流をして頂きました。
最初は私たちスタッフもどうなることか心配しましたが、
お陰さまで、最低限のお役目は果たせたかなと思います。
普段なかなか外部との接触のないスタッフもいます。
そのようなことですから、つたないご説明や受け答えも有ったかと思います。
参加して頂いた皆さまには、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。
今まで私が見学させて頂いた各企業様らの、受入れの大変さを身にしみて感じました(;´∀`)
毎回この規模でという訳には参りませんが、少しづつでもそれらの企業様のように
社会・業界に対してすこしづつでも恩返しが出来ればと思いました。
このような感じで、祭りのように慌ただしかった土曜日が終わりました。
今回の一番の成果は、お迎えにするにあたり、スタッフ一同が一丸となれたことでしょう。
改めて私たちの団結力の強さを感じることが出来ました。
野田哲也

コメントを残す