思いを継承する

「事業の継続」を年間テーマに毎月例会で学びを重ねてきた名古屋而立会
45歳で定年という説目の有る団体です。
3月例会では、今年度卒業を迎えられた3名の卒業生を講師に迎えて、
「思いを継承する」をテーマに講演して頂きました。
而立会での学びをどのように社業に活かされてきたのか。
而立会活動で特に印象に残った例会。また私が所属する前の活動の歴史。
そして、今後の展望や野望など。
中心となり会を引っ張ってこられたからこそ、心に響くものがありました。
とてもとても熱い思いを3名の卒業生からお聞きすることが出来ました。
私にとって、思いを受け継ぐ事は、聴くことが大切だという事が一番の気づきでした。
あと数年で私も定年を迎えますが、少しでも近づけるよう頑張りたいですね。
また運営を担った担当委員会のメンバーには本当にご苦労様でしたとお伝えしたいです。
内輪ネタになるため割愛しますが、予想を遥かに超える企画運営、そしておもてなしの心で
3名を心置きなく卒業させましたね。
とても素晴らしい例会でした。ありがとうございました。
野田哲也

コメントを残す