愛工大ワンゲル部OB会(創部58周年)

愛知工業大学ワンダーフォーゲル部(AITWV)の

創部58周年記念OB会に参加してきました。

前回が55周年だったので、3年振りの開催になります。

創部世代の方々もまだまだお元気で^^

創部当初の話、学生ワンゲル連盟立ち上げの話、
伝説となっていた夏合宿にニワトリを連れて行った話、
また上下関係などの世代的な大きな流れを感じたりと。

数年空けて開催されるOB会には私も参加していますが、

今回ほど古い年代の話が聞けた事は無かったと思います。

それだけ、創部世代の方々もご高齢になってきたということでしょうが。

当時のことを楽しげに話される姿は嬉しいものですね。

私たちも何年か後にはこうして話に花を咲かせるのでしょうか。

また、参加するたびに思いかえされることですが、

先輩のやってこられた歴史と、将来の行く末との天秤のとり方について。。。

私たちの現役時代は、周囲の大学に比べても目に見えて古い装備を使っていました。

(キスリングやホエーブス、ドタ靴、三角テントは合宿で使ってたかなぁ。。。忘れた)

また昔ながらの規律も大事にしていました。

そして、それがまたかっこよく感じていました。

先輩方が大切にしてこられた歴史を背負っているという自負も有ったと思います。

しかし、残念ながら私たちの代から数年後には入部する学生がいなくなり

そのまま廃部となりました。

未来を見据え、新しいやり方を受け入れたり、変えられることを変えたり、

変えなきゃいけないことに一石を投じる必要があったと思います。

それぞれ世代毎の気風に変化があるのに、行っていることが昔を引きずりすぎると、

無理が生じて破綻することもある。

いまだからこそ、この立場だからこそ、

あの時こうしておけばという事も感じることがあります。

最後は部歌レパートリーの大カラオケ大会。

当然ですが当時同様アカペラで大合唱。。。(覚えているのを何曲か歌うくらい笑)

ただ、どの部歌が、どの世代から歌われてたのか、見て取れたのは面白かったなぁ。

次回は2年後、60周年。

今回参加できなかった方も、次回は是非。

野田哲也

コメントを残す