スクリーン印刷業界のトレンドを探り、IOTにおける「ものづくり」を学ぶ。

スクリーン印刷機メーカー、セリアコーポレーション様の工場で開催された

内覧会「2016 EXPO SERIA」に行ってきました。

毎年行われている内覧会ですが、私は久々の訪問となりました。

スクリーン印刷機メーカー様主導のもと、様々な関連資機材の展示も

行われており、スクリーン印刷に特化された展示会がない中において、

このような内覧会は大変勉強になります。

最新式のスクリーン印刷機の動向調査もさることながら、

業界では今年大きく取り上げられ話題となった、帝国インキ様の

高精彩インキについて営業の方と情報交換が出来たことが良かったです。

それ以外にも製版設備のトレンドも掴むことが出来ました。

また、同時に開催されていたセミナー。

平日昼間の開催にも関わらず、大勢の人が参加されていました。

株式会社入鹿山未来創造研究所、所長の入鹿山剛堂様を講師に迎え、

『IOTにおける「ものづくり」/これからのビジネスはどう変化するのか』

をテーマにご講演賜りました。

NTTドコモ在職時より、日本初のグループウェア「LANWORLD」、

世界初の腕時計型電話「wristomo」など、日本初や世界初のものを

数多く開発された経歴をお持ちの方です。

ものづくりのトレンドの変遷をとてもわかりやすく、伝えて頂きました。

そのうえで、21世紀型ビジネスモデルをご講話頂きました。

今回は若手スタッフと一緒の内覧会見学&講演会参加でした。

このような話を一緒に聴くことが出来て良かった!

野田哲也

コメントを残す