言葉で伝える職人からプレゼンテーション技術を学ぶ

プレゼンジャパンの梶田香織さんのレッスンを受講しました。

しゃべりのプロなのか、バタートーストマニアなのか、

最近のメディア露出はバタートースト評論家としての方が多い気がします笑

いつも素敵な声と笑顔でイベントを盛り上げて頂いている

梶田香織さんにナレーターなど声の仕事で培われたプロの技を教えて頂ける

ということでレッスンを受けてきました。

立場がそうさせるのか、私も少しづつですが、人前で話す機会が増えています。

行き当たりばったりでは、立ち行かない場面も増えてきました。

間違えてはいけない、ちゃんとしなきゃいけない、などというプレッシャーや

あがり症も克服しなきゃ、と切実に感じる場面も多くなりました。

たった90分程のレクチャーでしたが、

話し方、声の出し方、身振り手振りや心の持ちようなど

伝え方の基本を学ぶことが出来ました。

・声の出し方飛ばし方

・小学1年生が書き取れるぐらいのスピードで

・口は大きく、舌を使う

・固有名詞はハッキリ話す

などなど、プロの技を短時間で詰め込まれました笑

意識して話すことが出来れば良いのでしょうが、

ちゃんとしようと思うと結構神経も使い疲れますね。

技術を学び、使いこなす。慣れるまでが大変かな。

伝わるようにしっかり話すことも職人の技術と同じですね。

目下のところ、半年後に参加団体のメンバーを前に話す機会が訪れます。

まだ中身は決まっていませんが、中身が詰まったらまた相談してみようと思います。

野田哲也

太美工芸ネットショップ

太美工芸SNS

この記事をSNSでシェアする

コメントを残す