一流チームと三流チームの違いについて 井原慶子氏の講演

名古屋銀行様が主催されている、経営者クラブの定期総会・講演会に参加しました。

国際レーシングドライバーの井原慶子氏を講師に迎え、

「世界最速の女性となるまで~女性が活躍する現場~」をテーマにご講演賜りました。

レースクイーン時代も、レーシングドライバーとして活躍されていることも

正直あまり良く知らなかったのですが。。。苦笑

大学の時にレースクイーンとして活躍し、レースの世界に興味を持たれ

そこから自動車免許を取得、1000万円という活動資金を自力で貯めて

レーシングドライバーとなるまでの、行動力や考え方といった過程が

とても素晴らしく、聞き入ってしまいました。

F1ドライバーのミハエル・シューマッハに聞いた「世界一になるには?」という

質問に対する答え「どんな環境も自分のものにする」という言葉が心に残りました。

言い訳しない。責任感。覚悟する。

改めて肝に命じたいと思いました。

また、レーシングドライバーとして、各チームを渡り歩いた経験から気づいた

一流チームと三流チームの違いの話も面白かった。

とにかく勝つために働く、スタッフの意識がずば抜けて高いのが一流チーム。

また、自発的に物事を考えたり、情報を共有したりと、コミュニケーションを

十分に取っているのが一流チーム。

自チームのレーシングドライバーが乗る、移動用自転車のタイヤの空気を誰が入れるのか。

さて、皆さまの会社に置き換えたとして、一体誰がどのような意識で入れてますか??

懇親会の支店テーブルからの眺め。すごい賑わいですね(^_^;)

野田哲也

コメントを残す