中部経済新聞に掲載されました。【医療備蓄用フェイスシールド】

7月4日付の中部経済新聞の1面と3面に、大きく写真付きで掲載して頂きました。

太美工芸

取引先である伊藤美藝社製版所様を筆頭にフェイスシールドを開発し

医療機関向けに約150万枚製造し、関係先に納入し使用して頂いた実績。

更に、ダンボール1箱に120枚収納でき、コンパクトに保管できる設計思想で

新型コロナウイルスの第2波に向けた、医療備蓄用として有用である点。

また、名北ゴム様と3社の共同で愛知県医師会様に寄贈する事。

これらの点について掲載して頂きました。

弊社は、フェイスシールドとスポンジを貼付けた箇所に貼る

シールの製作で協力させて頂きました。

4月から生産を開始して、コロナの広がりと共に生産数量が増えていきました。

まさかここまでコロナの影響が広がり、withコロナや新生活様式といわれるような

状況になるとは思ってもおりませんでした。

そのような中ではありましたが、少しでも社会の安心のためにご苦労されている、

医療機関の皆さまのお役に立つことが出来たのであれば幸いです。

まだまだ安心出来る状況では有りませんし、第2波への備えた感染症対策も大事。

ご入用の方は、お気軽にご相談ください。

↓↓掲載記事はリンク先へ↓↓

https://www.chukei-news.co.jp/news/2020/07/04/OK0002007040301_04/

伊藤美藝社製版所

医療備蓄用にフェースシールド

取引先と共同開発 コンパクトな保存可

中部経済新聞 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

野田哲也

コメントを残す